ヘルシンキの列車の旅

20130221canonnami 002

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

ヘルシンキの街から出発し列車で郊外の旅をテレビでやっていました。
フィンランドという国は国土の68%が森林、10%が湖沼や河川、実に19万湖に及ぶ湖。
行く先々は両サイド森林に覆われていたり、はたまた広~い草原だったり・・・

小さな田舎町です。
可愛らしい駅舎です。

森林が多い国だけあって、材木がやまのように積み上げられています。
色々な国に輸出されるんでしょうね。

ロシアとの国境に一番近い湖には白い杭が立ててあります。

また、スモークハウスというものがあり、そこで煙を焚いて身体を温め、湖に入りを繰り返し最後は、名物のマッカラというウインナーを頂くのがまた最大の愉しみ方だとも。

終着駅に着きました。
のんびりとした町です。
美味しそうなパンもあります。

この列車の旅を見ててここフィンランドでは地球を汚すものがない、本当に自然、しかも手つかずの豊かな広大な大地なんだなとつくづく考えさせられました。

★ブログランキングに参加しています!
応援クリックお願いします>>> にほんブログ村 ライフスタイルブログ

コメントは受け付けていません。