十年振りの映画鑑賞

昨日、ホントにホントに久しぶりに映画、観に行きました。
「ツナグ」というタイトルで、すでに死んでしまった人との再会を仲介する“使者”を表す言葉です。
たった一度だけ、生きている人が死んで会いたいと思う人に会わせてくれる案内人。
こういうことが仮にあるとするならば、私は既に他界している母に一番に会いたいと思いました。志半ばで病に倒れ、未だまだやりたいこと一杯あったろうに・・・
お父さんも義母が亡くなった時、恐山に行きたいと言ってた位だったので、ストーリーを話したら、とても興味を持っていました。
女優の樹木希林さんがとてもいい味出していました。流石、名脇役ですね。
久々に引き込まれる映画を観ました。

コメントは受け付けていません。