「ペットボトル症候群」って?

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

これからは、ペットボトル飲料を頻繁に口にする機会が

多くなりますね。

「ペットボトル症候群」は1990年代に大量の清涼飲料水を

水代わりにのんでいた高校生が意識障害を起こして、病院に搬送される

ケースが報告され、彼らが好んで飲んでいたことから名付けられたそうです。

原因としては、1日に2、3リットルも飲むことで糖分の過剰摂取から

引き起こされる「急性糖尿病」。

安心だと思っていたスポーツドリンクにしても5%~10%の糖質が

含まれているとも言われています。

最近では「カロリーオフ」「カロリーゼロ」表記の商品が増えていますが

「オフ」は100ml当たりのエネルギーが20カロリー以下の場合、

「ゼロ」は5カロリー未満の場合に表記できるようになっているそうでこちらも

注意が必要ですね。

IMG_4501

いずれにしても摂り過ぎは禁物ですし、飲料の成分表を見たり、

スポーツドリンクは2~3倍に薄めたり、なるべくスナック菓子などは

多く摂らないように心掛けたいものですね。

応援クリックお願いします>>> にほんブログ村 ライフスタイルブログ

コメントは受け付けていません。